タロットって怖い?

 最近、占い師を訪れるにしろ、自分が占術を身に付けたくて学ぶにしろ、タロットは決定的な凶札があるから怖い、それよりもエンジェル・カードやオラクル・カードの方が良いという風潮があると聞いた。そりゃあ、貴方には不幸な事が起こりそうですと言われたら良い気持ちはしないのだから、わからなくも無いが、凶とか大凶とかいう札が絶対に入っていないお神籤を…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

小説『殺し合う家族』、そして「北九州監禁連続殺人事件」

新堂冬樹・著『殺し合う家族』は、松永太死刑囚の「北九州監禁殺人事件」に対する死刑確定判決についてのmixi日記で、「それをモデルにした小説を読んだばかり」と書いた方に、書名と著者名を伺って注文してから四ヶ月程置きっ放しにしていた本だった。色々な本を面白がれなくて、 「さて、読んでみるか……」 と読み始めてからやめられなくなった。この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

占い師の資格

 以前のブログにも書いたと思うが、占い師という職業を開業するにあたっての国家資格というような物は無い。医師には医師免許が必要だし、学校の先生になるには教職資格が無ければならず、弁護士や検事になる為には司法試験に合格しなければならないが、占い師を開業するにあたっての法的な資格は存在しない。例えば「評論家」という肩書きの人達がいるが、評論家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・オセロ中島・占い師・メディア

 前回に続いてオセロの中島知子を巡る洗脳騒動について書く。メデイア批判になるかも知れないし、占い師や霊能者についての批判になるかも知れない。とはいえ、私は副業だといいながらも占い師としてはプロフェッショナルであるので同業者の悪口は書きたくないのだが、前稿がメディア批判に傾いていたので、今回は、少し、マインドコントロールや占い師という仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オセロ中島・占い師・メディア

 私はテレビという物を殆ど観ない。昨年7月から地デジ難民になってからは尚更で、テレビっ子の妻がワンセグTVで観ている番組を時たま一緒に観るぐらいで、本来のテレビはDVDのモニターとしてしか使っていない。なので、オセロの中島知子が長期にわたって仕事を休んでいる事や、自宅や個人事務所の家賃滞納で法的な問題にまで及んでいて、その背後に同居して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続々・占いは必要か?

 占いを必要としている人は何を求めているのか? 勿論、漠然と自分の運気が良い状態なのか悪い状態なのか知りたいという人もいれば、何らかの選択肢に迷いがある時に、何を選んだらよいのかという指針を求めている人もいる。現在気がかりな事項が、今後どう流れて行くのかを知りたいという人もいる。多くの場合、占いの需要は「未来予測」という事が大部分を占め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オカルトとスピリチュアルの狭間で

 以前にもブログに書いたが私はスピリチュアルという言葉が嫌いだ。この言葉は、『オーラの泉』のレギュラーである江原啓之氏の「スピリチュアル・カウンセラー」という肩書きと共に、爆発的に日本社会に浸透した。前にも、江原さんと麻原彰晃は何が違うのかという挑発的な書き方をしたが、つまりは、何らかの宗教に入信して信仰する気は無いけれども、霊的な事象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尊師とお上の事など。

 今年の初ブログだけれども新年の挨拶なんて物はしない。ここ十何年かやっていないのでしらけるだけだ。  年末年始のお休みはとにかく本を読んでいた。あと11時間後ぐらいには出勤してタロット教室の授業をしなければならない。読みたいだけ本を読んでいて良いという至福の時間がもう終わる。  読書は、多分、創作の為の物と、占術オカルト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『イップ・マン』と中国ナショナリズム。そして……

 月頭に腰がぶっ壊れて思うように動けなくなってしまった分、やたらとアクション映画、特にカンフー映画のDVDばっかり観ている今日この頃、そんな事をmixiだけでなく、TwitterやFacebookでも呟いているもので、Facebookをやっている旧友から教えてもらったのが『イップ・マン』。いや、これは凄いアクションだよ。『イップ・マン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11以降を生きる

 3.11を経験した私たちは、否応なく、それまでとの生き方を変えざるを得ないという事実を突きつけられた。地震や津波の被害その物も、信じがたい程にひどい物だったが、何よりも福島第一原発の事故が、私たちに様々な生き方への問いかけを突きつけた。もう、あの日の前には戻れない。無かった事にして欲しいと何度も祈ったが、眠りから醒めれば、その現実は今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タロット・リーダーの資質2

 何だか幸運な出会いを体験した。タロット・リーダーの資質とは、記憶力でもなければ型にはまった解釈でもない。その絵柄から何をイメジャライズできるかだ。絵柄に込められたオカルティックな象徴については、幾らでも教えてあげたり解説してあげたりする事は出来るが、そのイメージからどんな言葉を紡ぎ出せるかが、タロット・リーダーとしての資質を決める。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タロットと魔術

 私が魔術について研究し始めたのは、そも、タロットの……20世紀以降に作られた傑作的タロットの背景に西洋高等魔術があるからで、それ以外の動機は殆ど無い。勿論、魔術を研究していくと、ある意味で魔術的思考に拘束されるようになる。そう云うときには不幸な出来事が度々起こったりする。だが、本来の人間の日常生活とは、魔術とは無縁な物だ。真の偉大な魔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚かなる黒魔術師達

 原発施設がどれだけ安全になっても、核廃棄物は安全にならない。プルトニウム239の半減期は24万年、高速増殖炉もんじゅの失敗とブルサーマルの破綻で、核燃料リサイクルはもはや実用化の可能性が極めて低い。日本には既に中崎型原爆を五千発以上作る事の出来るプルトニウムが蓄積されていて、六ヶ所村の再処理施設、各原発の貯蔵ブールも、もはやいっぱいで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タロット・リーダーの資質

 昔から私は「教師に向いている」という事を良く言われてきた。実際、両親は都立高校の教員だったが、そういう資質を受け継いでいるとも思わない。ただ、何かを人に教えると言う事が好きな部分というのは否定しない。教える事が私は好きなのだ。知的所有権なんて言葉もあるが、私は私の知っている事を誰かに伝えたいという願望を根底的に持っている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手に余るテクノロジー『核』

 絶対に安全な核エネルギーなんか無い。この報道を見れば危機対策のマニュアルすら無かった事が分かる。現場には専門家なんかいない。場当たり的な処置をして事態を悪化させる事しかしていない。  核分裂の作り出す強大なエネルギーは、そもそもマンハッタン計画という原爆を作り出す軍事利用の為のテクノロジーとして研究された物だ。平和利用などと云…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

加藤智大被告は悪魔ではない。人間だ。

 死刑判決は予想通りだった。私は死刑廃止論者だが、それを理由に加藤被告の死刑を回避せよなどと主張するつもりもなかったし、現行の死刑制度が存置されている日本の司法制度の中で、彼に死刑判決が出ないのであれば、誰に対して死刑が適用できるのかという事になるだろう。しかしながら、彼の所業を受け止めた上で、私はやはり死刑制度には反対だと言い続けるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上演中止と上演強行

 この度の震災にあわせて、国立劇場や新国立劇場、大手の商業演劇の公演が上演の中止を発表した。同時に、一人でもお客さんが来れば興行はするとして公演した劇団、芸人さん、パフォーマーも多い。正直言って私にはもう何が正しいのか分からない。  最初の地震が起こった日、電車が動かなくて私は観劇を断念した。前日に観た座組もその日の興行を中止した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイガーマスクあれこれ

 タイガーマスク運動というのはキショイという発言をして、色々と物議を醸していた私ではあるのだが、これはお茶目なのかギャグなのか、それとも確信犯なのかという悲喜劇を目にしたので、この際書いておく。  実は私はタイガーマスクの大ファンである。原作は勿論、アニメも大好きだし、実際にリングに登場したタイガーマスクの中では、何と云…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トートタロット教室

 アレイスター・クロウリーのトートタロットについて、専門的に取り扱う講座を開講します。ギャラリー&占いシコウで開設しているタロット教室は基本的に初心者向けの「入門編」から始めていますが、入門編を修了後に、どのデッキを使って実践編に入るかにあたって、アーサー・エドワード・ウェイトのライダー・ウェイト・タロットの他にトートタロットを選択した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器とお絵描き

 年が明けてから少しずつ絵を描くようになった。久しぶりに絵を描いて愕然とした。  「何だ、俺、もう少しはマシな絵が描けると思っていたのに……」  久しぶりに絵を描こうと思ったのは、昨年マインドマップと出会ったからだ。マインドマップは文章ではなくキーワードと絵を描いていく。それが右脳と左脳を繋げる事になる。そしてマインドマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more