『破提宇子』稽古場日記-35

黒幕舞監Kさんのおかげで、終日稽古場に仮パネルが立った。そして、美術・丸山さんのチョイスしたレンタル小道具も稽古場に運び込まれ、限りなく本番に近い稽古場が着々と出来て行く。とてもありがたい。制作関連時で徹夜した演出家は、かなり遅れて稽古場に入ったが、俳優陣は自主的に、細かい場面の打ち合わせをしながら稽古を進めている……もう、俺、要ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-34

終日稽古は三日目に入った10月18日、無理矢理のように二回の通しを行った。公演のタイムテーブルではツーステージの日もあるのだから、それはやっておかなければヤバイとみんなも感じていたからだ。そして開演前パフォーマンスをする「三じゅわん様」達も、初めての客入れパフォーマンスのの実体験となる。 実は、このお芝居、とてつもないことをや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-33

終日稽古二日目の10月17日、まずは前日にメタメタだったエピローグを何とかしたいという話から始まったが、それは殆ど「信心」という事に対する私の葛藤を語る事だった。そもそも、『破提宇子』は信仰の物語だ。ある意味、クリスチャンである私には限りなく冒瀆や背教に近い内容も含まれている。それはある意味で危険な事だ。 まだ受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-32

2015年10月16日から終日稽古に入った。終日稽古初日早々笑えない事態に入ったが、あえてそれは書かない。そんな事は書いても書かなくても誰にとっても嬉しくない事態だからだ。 みなまで云うまい。 まずは開演前パフォーマンスの写真がこれ。 本編前の手鞠少女。 帽子の男と歩き巫女の乾杯・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-31

10月14日の稽古は、前日の作・演出・野中、作曲・寺田、音響・半田の打ち合わせの合意事項からのダメ出しから始まる。これだけだってゆうに20分はかかってしまうのだ。もうこれからは一分一秒が惜しい時となるのだ。 公共施設をジブシーのように移動する稽古はこの日で終わり。最後の休みを一日入れて、16日から下北沢の本多スタジオをお借りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-30

もう30回も稽古をやってしまったのかという10月13日、第二回目の通しである。前回の無理矢理通しは本当に無理矢理、メタメタのダメダメだったのと、小返しを何度かはしたが、紅王国の必殺技、倍速稽古のターボは殆どかけていないので、どうなる事かと心配だったが……数々のカットですっきりしたところと、出演者陣も無理矢理の通しで繋がっていなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-29

10月12日、まずは副代表アノッチから座組の、特に劇団員の若手に対する檄から始まる。前日の稽古後は、アノッチと妻の三人で飲みというか会食したが、妻の、 「ちょっとみんな野中のホンを舐めてるんじゃ無いの?」 というのは私自身にとってもキツイ一発だったのである。そりゃそうだ、ホンを舐められたくないのは他ならぬ劇作家の私自身なのだから………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-28

2015年10月11日、休みを挟んで稽古再開。今日は実質的音響担当者となる半田充さんが来て下さったが、前々からの予告通り六場以降の小返しから始める。まあ、実は参場からそうなんだが、時空的な跳躍を繰り返してこのお芝居は結末にいたる。 未だに不正確な科白によるとちりとか、中断があると、演出家は「チッ!」と舌打ちをするのである。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-27

さて、二日明けの稽古場日記である。二日空けと云う事は、まあ、稽古のお休みが二日あったからなんだが、通常パターンだと番外編とかを書いているし、これはお休み前の稽古の日記である。何となれば、手ひどい精神的ダメージを受けて、ほぼ二日の間向精神薬の効果で眠り続けていて起きられなかったからである。 事の起こりは9月7日の稽古帰り、翌日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-25&26

10月6日、初めての無理矢理な通し稽古を強行する。今、この時期に通し稽古をするのは無謀だって話もあるんだが、それでも通して見ない事にはどこが゛ダメとか何がダメとかもはっきりしない。だから無理無理でもやってしまう必要があった。そうだと信じているからやった。かくして…… もう、稽古初日以上のメタメタ、ダメダメ……頼むからシチュエー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-24

まずは土下座、話はそれからだ! 10月5日の稽古場、かなり憔悴しきって遅くまで寝ていたので駅からはバスに乗らずタクシーで駆け込む。そして客演さんが全員稽古場入りしたところで副代表アノッチ共々土下座。昨日の日記に少し書いたけれども、とにかく、終日稽古に入ってから自由に一日が使えない日が半分ほど出来てしまった。それも劇団員サイドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-23

緊急事態発生! 客演さんに迷惑はかけられないので劇団員だけで共有しているメールグループで緊急ミーティングを発議……それにしても、いつも予定を考えて行動するのに、予定どおりに物事が運ぶ事の方が珍しい。それも休み中や休み明けに限って、何かが起こる。みんな俺を殺す気か? まあ、何にしても今日の稽古はダメダメだった。私自身が著しく集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-番外編3

久しぶりに「休み」という感じの稽古休み。本当は新規購入したビデオカメラの充電したりマニュアル読んだりしなきゃならんのだが、もう、とにかく体が動かない。10月に入ってから副業のタロット・リーダー&タロット・コーチを全休にさせて貰ったのは正解だった。こんな状況で占い関連の仕事までしていたら体が持たない。木曜から金曜にかけての夜、また、金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-番外編2

 10月2日(金)は稽古はお休み……前日夜、自分の営業の為に案内状や宛名のタックシールを印刷したりして、朝まで徹夜作業をしていた演出家は、もう夜遅くまで目覚める事無く眠りこけていた。それでも、「頼むから勘弁してくれ」と言っておいた面倒事が次々とLINEやらメールやらで告げ報される。劇団主宰者に休みなど無い。  日付の変わった今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-22

 10月1日……うわあ、十月になってしまった! その今日は、オバケチーム三じゅわん様に当てられた舞踏曲の振付日、アヤヤ、モッチー、カルパの三じゅわん様以外に呼んでいるのは振付担当マミねえの他、踊り場面に関わるノリちゃんとミッチー、演助兼務のマイマイのみ。ホンに負けない楽曲を作って下さった天才作曲家にして天才ギタリストの寺田英一大先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-21

さて、稽古もそろそろ折り返し地点、今日は今まで演出助手を兼務させて、なかなか小返しのしてあげられなかった中村マイマイの手鞠少女の手鞠唄からのモノローグから始める。マイマイは声優学校の生徒さんなので、アニメの台詞回しの例を色々挙げるんだが……さすがに20年以上の年齢差があると、ヤマトもガンダムもゲッターロボも通じないらしい。そういや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-20

全41回の稽古のうち20日目……まあ、最後の十日間は午後一から夜遅くまで一日中稽古するのでまだ時間的には半分を超えていないが、それでもこの芝居、行けるのか行けないのかという事がそろそろ試されてくる時期だ。音楽の完成していない振付必要な場面以外は、とにかく全てのミザンスを付け終わり、薄いシーンを小返ししていく段階に入ってきた。本当は衣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-19

さて、本番にちょうど一ヶ月前となったのが今日、2015年9月28日の稽古……実は土曜の夕刻から色々あって疲れ切っていたので、昨日の日記は素っ気なくなっている。ちょっと色々報告しますね。 9月26日の土曜日は稽古も休みで、副業などのバイトも無し。なので体力回復の為にひたすら寝ているんだが……起きてから、メールを確認してびっくり仰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

:『破提宇子』稽古場日記-18

まあ、こんな事は自慢出来る事でもなんて世も無いんだが、初めて全てのキャストの揃った稽古であった。しかしながら、あたしはそれ故の集合稽古では無く、懸案の場面の小返しを命じる。音楽・寺田は、演出家のあたしにことわりもなく、作成した音楽を場面に当てるように用意してくる。やっぱり寺田は天才だ。こんな劇伴を作れる作曲家は他にいない。 寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『破提宇子』稽古場日記-番外編1

9月25日の今日は稽古はお休み……演出家は副業の占い師(てか、自分では魔導師と云ってるけど)のタロット教室の仕事をしに、都内某所の占い館に出向いたのであった。そんでもって、本番迎えるまでの出勤は全てNGということにして、稽古や本番を記録する為のビデオカメラを購入する。Nikon派のあたしだが、ビデオはNikon製が無いのでCanon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more