畠山鈴香被告第一審判決ライヴ

 秋田連続児童殺害事件の畠山鈴香被告に対して、第一審で無期懲役の判決が出た。弁護側は即時控訴、検察側も控訴すると見られるが、第一審の判決ライヴを記録としてアップしておく。

画像



 《わが子と顔見知りの子を相次いで殺害したとして、世間を震撼(しんかん)させた母親は、どのような審判を受けるのか-。秋田連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、畠山鈴香被告(35)の判決公判が19日午前10時から、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開かれた》

 《すでに雪の消えた秋田市。この日も春の日差しが秋田地裁に降り注いでいる》

 《開廷前には、2978人が傍聴券を求めて並んだ。地裁の前庭には、テレビ各局がテントを張り、判決速報の準備を整えて、テレビカメラの砲列が地裁の建物に向けられている》

 《藤井裁判長を先頭に3人の裁判官が入廷。法廷内撮影が終わると、いつものように、米山豪憲君の両親が豪憲君の遺影を手に傍聴席についた。母親の真智子さんは、遺影を包んでいた風呂敷を丁寧にたたみ、ひざの上にのせると、裏返しにした遺影を胸に抱き、目をつぶった》

 《豪憲君の両親が入廷して間もなく、鈴香被告の母と弟も傍聴席へ。うつむき加減に席へ着く》

 《程なくして鈴香被告が入廷してきた。白地に細い黒の線が入ったシャツの上には、黒のジャケット、黒のパンツ。足下は、いつものようにピンクのサンダルを履いている。落ち着いた様子で、裁判席に向かって右側の、弁護士の前の長いすに腰を下ろした。鈴香被告を見つめる豪憲君の父、勝弘さん。真智子さんは、まだ目をつぶっている》

 《そして、藤井裁判長が、開廷を告げた。鈴香被告は、法廷中央の被告人席の前に立った》
 
 藤井裁判長「被告人は前に。それでは開廷します。名前を言ってください」
 鈴香被告「畠山鈴香です」

 《はっきりと自分の名前を告げる鈴香被告》

 藤井裁判長「判決を言い渡します。主文-」

 《主文の読み上げが後回しになれば死刑判決の可能性が高かったが、ここまでいうと、藤井裁判長は一息入れ、そのまま続けた》

 藤井裁判長「被告人を無期懲役とする」

 《身じろぎもせず判決を聞き入った鈴香被告。判決の内容が法廷に響いた瞬間、傍聴席に座っていた報道陣が一斉に立ち上がり、出口へ向かった。廊下で「無期だ、無期!」という声が響いた。一瞬騒然とする法廷内》

 《父、勝弘さんと母、真智子さんは、体を硬直させている》

 《無期懲役の判決が読み上げられた後、一瞬騒然とした法廷内だが、まもなく静寂が戻った。藤井俊郎裁判長は、続けて、犯行に至る経緯を読み上げる》

 《豪憲君の母、真智子さんは、ハンカチで顔を覆った。父、勝弘さんは、悲しみを抑えるように、表情を固めたまま藤井裁判長の方を向き、耳を傾ける》

 《藤井裁判長はまず、鈴香被告の経歴などを読み上げた後、鈴香被告が彩香ちゃんに対して疎ましさを抱いていたことを認めた。これは、検察側の主張通りの内容だ》

 藤井裁判長「体に触れられることに強い嫌悪感を持っていた」「苦手意識を持っていた」「5歳になるころまでは、自ら彩香に話しかけることもほとんどなかった」

 《さらに、彩香ちゃんに対する養育態度が続く》

 藤井裁判長「かわいいと思えなかった」「1人で買い置きの食事を取らせて登校させたり、汚れた服を続けて着せたり、風呂に十分入れなかったりした」「男性が自宅を訪れると、彩香を追い出したりしていた」「ストレスのはけ口として、しばしば彩香を怒鳴りつけたりした」

 《これらの状況は、証人尋問で周辺住民が証言した通りの内容だ。鈴香被告は被告人質問でこうした証言を否定、彩香ちゃんをかわいがっていたと話したが、裁判所は周辺住民の証言を重視したといえる》

 《そして、彩香ちゃん事件への犯行の経緯に移る》

 藤井裁判長「彩香ちゃんが川で魚を見たいと言いだし、駄々をこね続けたことから、イライラしながら車で大沢橋まで行き、橋の欄干から川面を見せた」「普段は聞きわけのよい彩香ちゃんが、なぜか言うことを聞かずイライラした感情が高まった」

 《そして殺意が芽生えたという藤井裁判長》

 藤井裁判長「『橋の欄干の上にのせて背中を押せば、彩香ちゃんが目の前から消えてくれるのではないか』などと考え、『川に落下していなくなればいい』と思いながら、欄干の上に乗せた」「彩香ちゃんが被告人に抱きつこうとした瞬間、とっさに、殺意を持って左手で払うように押し返し、落下させた」

 《藤井裁判長は、鈴香被告の殺意を認めた》

 《続いて豪憲君事件の経緯に移る。藤井裁判長は、犯行後、鈴香被告が大変なことをしてしまったとして後悔していたという》

 藤井裁判長「自分のやったことが信じられない、信じたくないという強い思いにとらわれ始め、その記憶を抑圧しようとした」「母親が、『彩香ちゃんは1人で川に行く子ではない』と言っている姿をみて、事故ではなく事件と思いこむようになった」

 《判決は、弁護側の、「犯行後、当時の記憶がなくなっていた」とする主張を退けた》

 《そして、地域の人にも疎んじられ、疎外感を抱える鈴香被告は、小学校の運動会などで元気な子供たちの姿を見るなどして、嫉妬(しっと)心や切なさを感じ、あらためて事件解決を促そうと子供をさらうことを計画したという》

 《読み上げは、米山豪憲君事件当日に移った》

 藤井裁判長「帰宅途中の豪憲君が歩いてくるのが目に入り、一緒に遊ぶとき使っていたおもちゃをあげようと自宅玄関に招き入れた」「豪憲君を見ているうち、彩香ちゃんはいないのに、豪憲君はなんでこんなに元気なのかといったせつなさや嫉妬心などの気持ちと、彩香ちゃんの死が事件であるとの主張に目を向けさせる絶好の機会として、とっさに殺害しようとした」

 《藤井裁判長は、豪憲君に対する殺意の芽生えは豪憲君を招き入れた後だったと認定した》

 《彩香ちゃん殺害時の状況について、裁判所が認定した犯罪事実の朗読が続く。鈴香被告は裁判長を真っすぐ見つめ、身じろぎすらしない》

 《殺害場所となった橋に彩香ちゃんを連れて行った経緯について、裁判所は鈴香被告がベッドで体を休めていたにもかかわらず、「魚を見に行きたい」という彩香ちゃんにイライラを募らせていたと認定。彩香ちゃん殺害の殺意を否認する鈴香被告だが、裁判所はひとつひとつの客観的状況から殺意を認定していく》

 裁判長「被告は『魚が見えないから帰ろう』と言ったが彩香ちゃんは納得せず、『なんで駄々をこねるんだろう』と思った。(橋の欄干を指さし)『ここさ乗らないなら帰る』と言った」
 「被告は彩香ちゃんの腰を支え、欄干に乗るのを助けた。彩香ちゃんの落下を防ぐような措置を講じなかった」

 《彩香ちゃん落下の状況を詳細に再現していく裁判長。だが、相変わらず鈴香被告に動きはない》

 裁判長「被告は(恐怖から)抱きついてきた彩香ちゃんを左手で払うように落下させた。そのまま(橋の下を見るなどもせ)彩香ちゃんの安否を気遣わずに帰宅した」

 《裁判長は「母親として当然取るべき対応を取らなかった」ことを浮き彫りにし、そこから本件が偶発的な事故ではなかったことを明らかにしていく》

 裁判長「被告は『家に帰らないなら欄干に乗せるよ』と言うべきなのに(まったく逆のことを言った)。生命身体に危険がある、極めて危険な場所に上らせた。彩香ちゃんが上るには相当な動作と時間が必要だが、被告は『危ないから止めろ』とも言っていない」

 《欄干の高さは地面から115・5センチ。彩香ちゃんの身長は134センチ。彩香ちゃんが自発的に上るとは思えず、裁判所はそれを止めようとしなかった鈴香被告の不自然さを厳しく非難した》

 裁判長「落下事故を防ごうとする配慮をしておらず、娘の身を案じる親の行動としては理解できない」

 《続いて裁判所は、彩香ちゃんが恐怖のあまり鈴香被告に抱きつこうとした状況を説明する》

 裁判長「いつ落ちるか分からない姿勢だった彩香ちゃんが恐怖で(母親に)抱きつこうとするのは容易に想像できる。(抱きつこうとした際)被告には彩香ちゃんの体重がかかっており、それを押し返すには相当な力がいる」

 《鈴香被告は彩香ちゃんと身体的な接触をするのが苦手だったと話しており、「彩香に触れられるのが恐ろしく、反射的に彩香を手で振り払った」と供述。だが、裁判所は「彩香ちゃんを振り落とすには意図的な力が必要だった」と認定した格好だ》

 《裁判所は彩香ちゃん落下後の鈴香被告の行動に対しても疑問を述べていく》

 裁判長「被告は橋の上から川をのぞくなど、過失であれば当然やるべき救助活動をやっていない」

 《争点のひとつである落下事件後に鈴香被告が健忘に陥ったかについては、「記憶を失ったことは認定できない」と断定。その理由は「後述する」とした》

 裁判長「(以上の理由から)殺意に基づいて落下させたことが推認できる」

 《裁判所は鈴香被告の殺意を認めた》

 《判決理由の朗読は、続いて鈴香被告の自白の任意性に移っていく》

 《鈴香被告や弁護側は、自白は「不当に長い身柄拘束を利用した取り調べ」「黙秘権の侵害」などを理由に任意性がないと主張してきた。しかし、藤井裁判長は、その主張を退けていく》

 裁判長「(自白は)取調官が事件と向き合うよう(鈴香被告を)説得したからであり、供述調書も信用できる」「被告は彩香ちゃんのことを話すのを不安がっていたが、取調官が(手を差し出した鈴香被告の)手を握り返すなどし、(本当のことを話すよう)被告を励ました」

 《自白は取調官と鈴香被告の間に「信頼関係が生じたから」と裁判所は認定した。続いて鈴香被告が取り調べの際に実際に話した文言を羅列していく藤井裁判長。取調官と信頼関係が築かれていたことを実証することが目的のようだ》

 裁判長「鈴香被告は『眠くて検事さんの話を聞くのに必死だった』『昨日の調べではキレてしまった』『昨日の調べのときチョコケーキ食べたいと言った』。被告は体調が著しく不良であれば通常しないであろう言動を見せていた」

 《鈴香被告が取調官との雑談に応じている様子が再現される。弁護側は「過酷な取り調べで鈴香被告は肉体的精神的にも疲労が蓄積されていた」と主張し、任意性を否定していたが、裁判所はそれを否定した格好だ。裁判長の朗読はさらに続く》

 裁判長「弁護人は『(鈴香被告は)供述を無理やりやらされ、茫然(ぼうぜん)自失の状態で(供述調書に)署名した』と主張するが、(取調官と鈴香被告の雑談の様子などから)苛烈(かれつ)な取り調べでの供述とは考えられない。鈴香被告が(取調官に)反論できないほど茫然自失だったとは考えられない」

 《弁護人は、最終弁論で「植え付けられた検察官への恐怖から(供述調書に)署名した」と述べているが、裁判所はそれも認定しなかった。自白の任意性を争う弁護人の主張は次々と否定されていく》

 裁判長「被告が(供述調書の)署名指印をためらい、訂正を申し立てたりしたのは、内容が真実でないという趣旨からではなく、表現が怖いとか、言葉が嫌だといった理由からだった」

 《裁判長は、供述調書を巡る鈴香被告の“抵抗”について、あくまで「表現上の問題だった」と断定。取調官の“捏造(ねつぞう)”を否定した》

 《裁判長の朗読は続いて、鈴香被告が取り調べの最中に腰痛を訴えていたことに及ぶ。弁護人は最終弁論で「腰の痛みを訴え休憩を申し出たが『休みたいなら署名しろ』と迫られた」と主張し、密室で行われた取り調べの苛烈さを訴えていた》

 裁判長「被告が腰痛を訴えていたことは認められる」

 《裁判所は「腰痛の訴え」自体は認めた》

 裁判長「しかし、被告はその後、留置所で小説を読むなどしており、(ひどい腰痛を訴えたにしては)理解困難な行動をしている。苛烈な取り調べがあったと考えられることではなく、(弁護人の主張は)信用できない」

 《弁護側の主張はまた退けられた》

 《引き続き彩香ちゃん殺害時点に関する実行行為について、裁判長が判決文を読み上げる》
 
 《検察側は論告で彩香ちゃん殺害について、『長期間、彩香ちゃんに根深い嫌悪感を抱き、潜在的殺意を抱いていた』とし、『事件当日はいらだちが極限に達して大沢橋の欄干の上から彩香ちゃんの左肩を押して突き落とした』としていた。焦点はいつ殺意があったかということだ》
 
 裁判長「捜査段間における被告の自白を総合すれば、彩香ちゃんに対する殺意とそれに基づく殺人の実行行為があったと認められる」
 
 《彩香ちゃん死亡は過失ではなく殺意があったとする裁判長。だが、一方で殺意がいつ芽生えたかについても言及する》
 
 「確実な殺意を抱いていたのであれば、欄干に上るところで突き落とすこともできた。殺害に躊躇(ちゅうちょ)があったとも考えられる」
 
 《『魚がみたい』とせがんだ彩香ちゃんを欄干に乗せた時点では積極的な殺意がなかったと裁判長は計画性を否定。欄干に乗る直前に鈴香被告は彩香ちゃんに「乗らないなら帰るよ」と言っていた。裁判長はこの点についても補足した》
 
 裁判長「欄干に上るように命じた時点で積極的な殺意を有していたと言えない」
 
 《鈴香被告は微動だにせず背筋を伸ばして裁判長のほうをじっとみつめている。傍聴席からは表情は読み取れない》

 《続いて彩香ちゃん殺害から豪憲君殺害に至るまでの経緯に移った》
 
 裁判長「彩香ちゃんを大沢橋の欄干の上から払い落としたものの、大変なことをしてしまったとの後悔と驚愕(きょうがく)、恐怖の念にかられ、そのころから自分のやったことを信じられない、信じたくないという強い思いにとらわれ始めた」

 《鈴香被告は彩香ちゃん殺害後、事件、事故の両面で捜査をしていた警察に対し、事件として積極的に捜査するよう求めていた》
 
 裁判長「彩香ちゃんの死亡が事故として処理されることが期待できる状況下で、犯行発覚につながりかねない危険な行動をとっていた」
 
 《なぜこうした行動をとったのか。裁判長は『記憶の抑圧』という言葉で表現した》
 
 裁判長「記憶を抑圧して彩香ちゃんを探し、事件性を主張する言動をとるなかで抑圧が強化され、第三者の事件と思うようになった」
 
 《一見不可解な言動だが、精神医学的見地からみると合理的な言動であったという》
 
 裁判長「急速に記憶を抑圧し始め、(彩香ちゃん事件2日後の)4月11日ごろには、彩香ちゃんを大沢橋の欄干から落下させた記憶はすぐには想起されない状態になっていたと認めるのが相当である」

 《静まりかえった法廷に、裁判長の声が響く。豪憲君の殺害状況について、裁判長が「背後から無言で近づいた」「ひもを絞める力を一旦ゆるめたが、再度力いっぱい締め付けた」と読み上げると、傍聴席に座った豪憲君の母、真智子さんは遺影を抱えるようにしてうつむき、しきりにタオルで涙をぬぐった》

 《裁判長は、豪憲君事件の計画性について言及した。鈴香被告はこれまでに、犯行動機について「彩香がいないのに豪憲君は何でこんなに元気なのかと思うと、切なくなり嫉妬した」と供述。弁護側は突発的な行動であったことを主張していた。この供述について裁判長は、「にわかに理解しがたい」とする一方、鈴香被告が抱いていた強い劣等感や、独断性といった性格がこうした犯行に結びついた可能性を指摘した》

 裁判長「切なさや嫉妬心で犯行に及んでしまったのも、被告の性格の表れとして理解できなくはない」

 《続いて裁判長は、豪憲君殺害時の鈴香被告の責任能力についての判断を示す。弁護側は「何らかの病的要因により、判断能力が阻害されていた」として心神耗弱を訴えたのに対し、判決では犯行当時は問題なく日常生活を送っていたこと、テレビ局の取材を受けていること-などに注目した》

 裁判長「彩香殺害後の被告人の心理に、記憶の抑圧という特殊な作用が働いていたことを十分に考慮しても、犯行当時、被告人に完全責任能力があったと認めるのが相当である」

 《また、豪憲君への殺意を抱いた時期について、検察側はこれまでに、「彩香ちゃん殺害の疑いの目をそらすことを目的として、豪憲君を自宅に招き入れた時点で殺害を決意」していたとして、計画的犯行であることを強調していたが、これに対し、裁判長は疑問を呈する》

 裁判長「自動車に豪憲のランドセルを積む様子を目撃されており、稚拙な行動形態は、犯行が計画的であったことにはそぐわない」

 《つまり、「殺害を決意したのは豪憲君を部屋に誘い入れてから」とする鈴香被告の供述が認められたということだ》

 裁判長「それでは、量刑理由を読み上げます」

 《裁判長がこう切り出すと、法廷の空気が緊張を増した。豪憲君の父、勝弘さんは無期懲役判決に納得がいかないように、険しい表情で証言台の鈴香被告をにらんでいる》

 裁判長「本件犯行が凶悪かつ卑劣なものであることは論を待たない」「被告の刑責(刑事責任)は極めて重大」「罪刑の均衡の見地からも、一般予防の見地からも、極刑がやむを得ないと認められる場合には、死刑の選択をするほかない」

 《「死刑」という言葉に傍聴席に座る鈴香被告の弟は顔をしかめたが、母親は落ち着いた表情で前方を見つめている》

 《一方、幼い2人の被害者について話が及ぶと、裁判長は鈴香被告を厳しく糾弾した》

 裁判長「彩香殺害の動機は、親としての情愛に欠けた、極めて身勝手かつ、短絡的なもの」「(彩香が)慕っていた母親に裏切られた絶望感や悲しみの深さを考えると、ただただ哀れ」「(豪憲君殺害の)身勝手かつ浅はかな動機に、酌むべき事情はない」「卑劣かつ残虐、執拗かつ冷酷」

 《証言台の鈴香被告はまっすぐに前を向き、じっと裁判長を見つめている》

 《裁判長は量刑理由を述べ始めた》

 裁判長「被告に斟酌すべき事情としては、次のものがある-」

 《法廷内に緊張が走り、傍聴者がいっせいに席から身を乗り出す。裁判長は、鈴香被告が彩香ちゃんに抱き続けてきたとされる潜在的殺意を否定した》

 裁判長「彩香ちゃん殺害は、(鈴香被告の)父親の介護、自らの体調不良、母子家庭の不安など、被告の責めに帰すことはできない事情により、精神の安定を欠く状況を背景に、衝動的、突発的に敢行された」

 《ここで裁判長は一呼吸置いた。彩香ちゃんへの育児放棄が常態化し、愛情を注がなかったとされる、検察側が描く鈴香被告の母親像に疑問を呈す》

 裁判長「身体的虐待を加えておらず、養育を著しく放棄していない。常時ではないが、彩香ちゃんに関心を持ち、養育に努めようという姿勢も示し、死を常に強く願っていたとは認められず、虐待の末の犯行ではない」

 《裁判長は、続けて豪憲君殺害に言及。彩香ちゃんへの殺害の記憶は不十分だったと認定し、“通常の連続殺人”ではないとした》

 裁判長「豪憲君殺害時、被告は彩香ちゃん殺害を十分認識していなかったというのも事実。悪質性は減じられる」

 《豪憲君の母親はうつむいて泣き続け、父親は鈴香被告を虚ろな目で眺めている。対照的に鈴香被告の弟は、瞬きもせず姉を険しい目で見つめ続ける》

 《さらに裁判長は、彩香ちゃん事件の残虐性を否定した》

 裁判長「(豪憲君事件に比べ)彩香ちゃん殺害が比類ない残虐性を備えたものとは断定できない」

 《豪憲君の遺族に対する侮辱とも受け取れる「鈴香日記」についても、反省の態度が見られないとする検察側の見解を否定した》

 裁判長「(日記)全体を通じて不穏当な言葉はなく、遺族に見せる意図もなかった。当該部分を強調することは相当ではない」

 《続けて裁判長は、鈴香被告の前科前歴がないことや、精神鑑定の結果、鈴香被告の教育による更生の可能性を示した。そして判決理由のまとめに入った》

 裁判長「被告には死刑を適用して、その生命をもって贖罪させることも考えられる」

 《裁判長は「死刑」、「生命」という言葉に力をこめた》

 裁判長「しかしながら-」

 《再び静かな声に戻った》

 裁判長「『死刑のほかない』と断じることは躊躇せざるを得ず、贖罪のため全生涯を捧げることを求め、無期懲役に処するのが相当」

 《裁判長は鈴香被告に起立を促すと、控訴期間などの説明を行った》

 裁判長「判決は以上です」

 《裁判長の閉廷の言葉が言い終わらないうちに、鈴香被告が言葉をかぶせた》

 鈴香被告「一つ、いいですか」
 裁判長「何ですか?」

 《鈴香被告はか細い声で続けた》

 鈴香被告「今まで米山さんに謝罪していないので」

 《そう話すと、鈴香被告はピンクのサンダルを脱ぎ、傍聴席に座る豪憲君の両親の方を向いた》

 鈴香被告「大事なお子さんを奪い、申し訳ありませんでした」

 《それから正座して土下座をし、床に頭を押し付けた。想定外の出来事に法廷内の空気は変わり、傍聴者の視線が鈴香被告に集中した。裁判長は声をかけることもなく、冷静な表情のまま。土下座は30秒あまり続いたが、警務官が手を動かして立つよう促すと、被告は立ち上がった。顔は紅潮し、目は潤んでいるように見えた》

 《午前11時32分、鈴香被告が法廷を去る。背筋を伸ばし、表情はない。傍聴席の豪憲君の両親は、“誠意”をみせた鈴香被告に対し、1度も視線を送ることはなかった》
 
 《だがその後、無期懲役判決への悔しさがこみ上げるのか、豪憲君の母はみるみる顔を紅潮させ、何度もしゃくりあげた。抱えていた豪憲君の遺影を自分に向けて裏返し、抱きしめるかのように胸に強く押しつけた。その右隣で、父は放心したように宙を見つめ、時折、静かに目を閉じた》
 
 《午前11時36分。豪憲君の両親が力なく立ち上がる。うつむく父の後に、真っ赤な顔ですすり泣く母が続いた。法廷の扉をくぐるときは、2人とも法廷の方に向き直って小さく一礼。気丈なふるまいをみせた》
 
 《午前11時37分、裁判長と裁判官が退廷した》
  
 《昨年9月12日に初公判が開かれてから半年が経過した。判決までの14回の公判で、果たしてどの程度事件の真相に迫れたのだろうか。判決では鈴香被告の殺意が認められたが、被告自身は公判を通じて、事故だと主張をし、殺人だと認定された場合は控訴する意思を示してきた》

 《その言葉通り、弁護側は判決直後に控訴の手続きを始めた。検察側も判決には不服の様相だ。罪のない2人の子供が相次いで殺害され、世間に大きな衝撃を与えた秋田連続児童殺害事件。審理の舞台は高裁に移ることになる》
 
  (完)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック