紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『破提宇子』稽古場日記−19

<<   作成日時 : 2015/09/29 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


さて、本番にちょうど一ヶ月前となったのが今日、2015年9月28日の稽古……実は土曜の夕刻から色々あって疲れ切っていたので、昨日の日記は素っ気なくなっている。ちょっと色々報告しますね。

9月26日の土曜日は稽古も休みで、副業などのバイトも無し。なので体力回復の為にひたすら寝ているんだが……起きてから、メールを確認してびっくり仰天! なんと終日の集中稽古の初日と二日目にNGが出ているでは無いか! 終日稽古で二日間が使えなくなるのは、現在している夜のみの稽古に換算すると、時間的に一週間がパーになるのに等しい。演出家はパニック状態になって打開策の為にメールやLINEを送りまくり、結局その晩は一睡もせずに徹夜してしまい、翌日、日曜の早朝礼拝に出席、少しの仮眠だけで稽古場に向かったのであった。その後の稽古は昨日の日記通り……

だが、稽古後に制作関連の会議を行う。とにかく、雇った制作が顔合わせはおろか、その後の稽古場には一度も来てくれず、劇団サイドで処理しなければならない事のアドバイスを求めても、メール等々のレスポンスが鈍すぎる……
「もう切りましょう」
あたしも22歳の時から座長を務めているが、稽古も始まってから制作を解雇するなんて事は30余年の座長経験で初めての事だが仕方が無い。こんな事なら、初めから自分で制作を兼ねると覚悟していた方がマシだった。その場の全員の総意で制作の解雇を決めた。あとは、みんなでその穴をどう埋めていくかが問題って事で会議を続けた。

会議の終了後、帰宅してから、天才大作曲家、寺田大先生から渡されたラフミックスの音源、10曲を聴く。文章を飛ばし読みする時とは違って、音楽はその尺を全部聞かねば仕方が無い。もう、この辺から記憶が飛んでいる。今日になって起きてみたら、デモCDをパソコンに取り込み、それを更にiPhoneに取り込み……と言うところまではやっていたみたいだ。昨日の稽古場日記をUpしたのは午前6時を既に過ぎている……もう体力の限界……体が動かない。振付担当のマミねえに渡すCDを焼いて、開始15分ぐらい前にやっと稽古場にたどり着く……

さて、今日の稽古は後半の大詰め……七場から八場の最後までをあたっていく。1980の山本隆世タカさんに、演っていない場面を全てあたって頂く為だ……だが……

とりあえず、昨日に足をつったか肉離れしたか分からない、中村マイマイを休ませたんだが……またまた樽本カルパッチョ綾子が連絡なしに現れない。音信不通……ま、またか? とりあえず無事確認連絡をして貰い、稽古を続ける。

まあ、実を言えば6、7、8場というのは時系列的に繋がっているのだ。本来やるべき事は八場なんだが、七場から続けないと役者の生理が続かない。タカさんの為にも七場からの反復を限りなく続ける。そして七場は、私自身の様々な面を託した、とんきちの青木、ミッチーの帽子の男が、唯一作者に憎まれている役と公言しているダイジュの特高刑事との対決が始まるのだ。そして、その対決を見守る人々のリアリティーも付けなければならない……


画像



ミッチーの帽子と、マミねえの巫女の別れの場面、そして帽子の重ねた十字架に釘を打ち込むタカさん安倍と青年佐藤君の釘打ちのタイミングを作り、そして松岡ノリちゃん演ずる璃辺華に憑依したでうす様が覚醒し、舞台はクライマックスに向かって行く……そして……帽子と璃辺華の間にあるエロス、それこそがこのシーンの肝なのだ。うんうん、今日の帽子には璃辺華に対する愛が見えたぞ……! それこそが演出家の一番嬉しい瞬間なのだった。


画像



画像



画像



その間、音信不通だった樽本カルパが二度目の寝落ちをしていた事が判明。まあ、無事で良かった。だがな……本番でこれをやられては困る。「二度目は悲劇、三度目は喜劇」と昔の人は言っているが、演劇実験室∴紅王国に限って三度目は無いぞ。カルパ、心せよ。

まあ、カルパは無事で良かったし、ミッチーにも愛が見えた。それは良しとする。もっと愛を育む為に、
「ノリちゃんとデートしてきなさい」
とミッチーには云ったんだが、あっさりと、ノリちゃんには、
「私はナナちゃんが好きです。お断りします」
と振られてしまったのであった。Oh My God! あっさりと振られてしまったミッチーに主の祝福を! 主なる父なる神様、救い主たるイエス様、親しき交わりを与えて下さる聖霊なる神様……どうぞミッチーに祝福を! チャンチャン。






演劇実験室∴紅王国・第拾参召喚式『破提宇子』のプロモートページはこちら↓

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kurenai-/hadaiusu-promo.html

入場券は9月6日(日)より発売、予約開始しました。

前売り券購入フォーム、ゲッティーは上記プロモページにリンクあり。

電話予約 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)
ご注文の際に「野中友博の扱いで」とお申し付け下さい。

当日、劇場受付にて料金の精算、とりあえずネットで予約のみと云う方はこちらから。自動的に野中の扱いとして登録されます。
携帯から http://ticket.corich.jp/apply/67466/001/
PCから https://ticket.corich.jp/apply/67466/001/

「そんなん、めんどくさい、野中に直接注文したい」
という方、メアドを知っている方はメールで、Fax番号知っている方はFaxで、Facebook、Twitter、mixi等のSNSでお友達になっている方々は、直接メッセージを頂ければ対応します。電話は、有線、携帯含め、稽古中などはとれないので留守電に吹き込んで下さいね。分からない事は遠慮無く聞いて下さい。

それでは皆様、御来場、お待ちしてます(^_^)
御予約はお早めにね<(_ _)>





ああ、後、最後に……

ダイジュのマッサージを受けて悲鳴を上げているとんきちの図。これは青年をスパーリングでいたぶった事の因果応報だな……なんて事はクリスチャンのあたしが言ったらアカン(笑)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『破提宇子』稽古場日記−19 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる