紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『演劇実験室∴紅王国』の舞台の記録映像の二次使用に関しまして。

<<   作成日時 : 2013/08/02 02:40   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは伝聞なのですが、某芸能事務所付属の養成所にて、私の作・演出した舞台の記録映像(DVD、VHS他)が、教材として使用されているという話を聞きました。真実だとすれば誠に遺憾な事です。私の舞台作品の記録映像を教材として使用したというタレント養成機関があったとしたら、今後一切、そのような使用はしないで頂きたく思いますし、そのような事になった経緯の説明と謝罪を求めます。場合によっては日本劇作家協会の法務部に相談して法的な対処をさせて頂きます。本文を読んだ方で、私の作・演出した舞台の教材としての使用を確認された方は、詳細を、コメント、メールその他で御報告頂ければ幸いです。

 いくつかの御説明をさせて頂きます。

 まず、私の作・演出作品、即ち『演劇実験室∴紅王国』の上演作品の記録映像は、DVD、VHSその他、如何なる媒体を用いても一般に販売、配布をしておりません。記録映像は、出演者、スタッフ、その他の関係者、並びに、プロモート等で演劇実験室∴紅王国の主宰者である私こと野中友博の判断で適切と認められた方々以外にはお渡ししておりません。舞台その物に接する事と、二次的な記録映像を観る事は全く違うという野中友博の信念において、記録映像の一般販売、配布はしておりません。

 そして、演劇実験室∴紅王国の舞台の記録映像は、通常の映像媒体に準じて、その視聴は関係者の個人的な範囲に限って認められております。作品の総体としての舞台に関しては、私、野中友博に著作権が帰属するものです。舞台美術、音楽、照明、衣裳などのプランニングに関する著作権はそれぞれのプランナーに帰属します。また、出演している俳優の肖像権は、俳優自身、もしくは所属事務所に帰属します。

 演劇実験室∴紅王国の舞台の記録映像は、上記のような合意の元に、関係者のみに配布したものです。伝聞以外の必要と思われる公開視聴については全て私の認可了承の上で行われています。

 今回、私がこの件について告発めいた事を書かせて頂くのは、教材として演劇実験室∴紅王国の記録映像を教材として使用したのが、その公演の直接の関係者では無く、その関係者の所属する……というか、主宰する養成所において、その舞台に対しては一観客に過ぎなかった養成所の要職にある人物が、私の作品のビデオを生徒に観せ、その感想を書けという授業を行ったという事実です。舞台は私と仲間達が命がけで作った物です。その作品に対して、無関係の人間が授業料を取っている生徒に感想を書かせてそれを云々するという事実は看過できません。

 この養成所とのトラブルは今に始まった事ではありません。その一端をブログに書いたところ、明らかに偽名での誹謗中傷がブログのコメントや劇団掲示板に書き込まれました。その中には、私に無断で私の作品の記録媒体を授業に使った人物で無ければ知り得ない内容を含んでいます。今回もあえて実名を出しておりませんが、同様の幼稚な攻撃を仕掛けてくるなら、今度こそ本当に法的手段に訴えます。誠意ある回答と謝罪を求めます。少なくとも、授業に使用した記録映像の最大の著作権者である私に一言も無かった事だけは説明して頂きたい。お待ちしています。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『演劇実験室∴紅王国』の舞台の記録映像の二次使用に関しまして。 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる