紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS タロットと魔術

<<   作成日時 : 2011/07/09 04:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私が魔術について研究し始めたのは、そも、タロットの……20世紀以降に作られた傑作的タロットの背景に西洋高等魔術があるからで、それ以外の動機は殆ど無い。勿論、魔術を研究していくと、ある意味で魔術的思考に拘束されるようになる。そう云うときには不幸な出来事が度々起こったりする。だが、本来の人間の日常生活とは、魔術とは無縁な物だ。真の偉大な魔導師とは、「何でも出来る何にもしない人」なので、私はそのようにありたいと思っている。タロットを展開すると云う事にしてからが、既に魔術的行為なので、「タロットで開運しましょう」等という宣伝を私は一切しない。

画像


 魔術は人の意識を変える技術であって、その意味では、タロットを用いてゲストと対する事は、ゲストとタロッティスト自身の意識を変えていくという重要なツールとなる。しかるがゆえに、私は占い師とか鑑定士ではなく、魔導師としてタロットを読む。その出会いが幸運であれかしと祈ってカードをスプレッドするのだ。私は間違った事はしていないと思う。

 今現在、籍を置いている占いハウスで、他の占い師さんから、
「紅王先生、魔術を教えたらどうですか? たとえば願望充足に限って……」
等と御助言も頂いたが、幾つかの理由でそれは出来ませんとお断りした。

 まず第一に、私はどこぞの魔術結社に参入してアデプトまで昇進した魔導師ではなく、個人としての魔導師なので、教えるという資格を持たない。今一つは、願望充足魔術は、低次の黒魔術なので、そんな事を教えても教わった方が更に不幸になるだけだ。そんな事は私はしない。

 タロットを極めたければ、占星学と数秘学、そして魔術的カバラーを学べばいい。九星気学とか四柱推命とか、そんな東洋系の占術を学ぶ事はない。トート・タロットを扱うとなると、多少は易学の心得があると良い。でも、その前に地占や占星学を勉強しておく方が、どれだけ役に立つだろうかと思う。

 繰り返す。真の魔導師とは、「何でも出来る何にもしない人」だ。私自身が何でも出来る訳ではないが、何にもしないように心がけている。そしてタロットというメディウムで出会った人達には最大限の助言をしてあげたいと思う。それだけの事だ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タロットと魔術 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる