紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 上演中止と上演強行

<<   作成日時 : 2011/03/16 03:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この度の震災にあわせて、国立劇場や新国立劇場、大手の商業演劇の公演が上演の中止を発表した。同時に、一人でもお客さんが来れば興行はするとして公演した劇団、芸人さん、パフォーマーも多い。正直言って私にはもう何が正しいのか分からない。

 最初の地震が起こった日、電車が動かなくて私は観劇を断念した。前日に観た座組もその日の興行を中止した。

 日々はめまぐるしく動いた。輪番停電が起こるというので休みが出来て、観られないとおもっいた舞台が見られる事になった。そう思って劇場に向かったが、輪番停電のために電車のダイヤが乱れ、劇場にたどり着く事は出来なった。

 計画停電の最初の日、私の向かった劇場は停電区域からは外されていた。だから上演は滞りなく行われるだろうが、それは他地域での停電によって確保された電力によって出来る公演には違いない。「今こそ演劇」などというアナウンスに無条件で賛同する事は私には出来なかった。

 こんな時だからこそ演劇をする、こんな時だから上演を中止する……どちらも私には正しく、また正しくないと思われる。

 それに関わって、Twitterで「飢えた子供達に演劇は可能か?」と発信したユーザーがいた。私は「不可能」と返信した。だが飢えさせない事のためには機能すると……よりにもよってそいつは私に演劇を捨てろと言ってきた挙げ句にアクセスブロックまでしてきた。

 電力確保をするためなら公演はやめた方が良い。だが、技芸を必要としている人達のために公演をする事も演劇人の任務だ。どちらが正しい?

 分からない……情けないが分からないと言うしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上演中止と上演強行 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる