紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 占いは必要か?

<<   作成日時 : 2010/03/19 01:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 演劇屋としての私の基本的スタンスの一つは「演劇は必要か?」を問う事にある訳だが、ここで改めて「占いは必要か?」という命題を立ててみる事にする。私はさんざっぱら、「私は占い師ではなくて魔法使いです」などと言ったり書いたりしている訳だが、金を払って「占って下さい」と仰る方々にとっては間違いなく占い師である訳なので、ここは「占いは必要か?」ときっちり問うてみたいなどと思ったりする訳だ。

画像


 さて、占いが必要であるか無いかを問うとしたら、それは誰にとって必要であったり必要でなかったりするのかという話になる。私にとっては占術なんて物は殆ど必要ではない。私が私自身のホロスコープを読んだりタロットのリーディングをする事は、何度も繰り返すが、そも占いではない。

 ではどういう人が占いを必要とするのだろう?

 黙って坐ればピタリと当たる、なんて占術を期待している人がどれぐらいいるのだろうか? 私の未来はどうなるのでしょうか、とみんな知りたいと思っているのだろうか? 漠然とどうなるのか占ってくれと言うクライアントは確かに存在するが、そういう人にとって占いなんて必要はない。無いとあえて断言する。別段、強い目的意識も不安も持っていないのだから、占って欲しい中身なんか無い。そういう人は占い師に何かを占って貰うなんてやめた方が良い。

 具体的なお悩みを抱えている人達にしても、「私の恋はどうなるのでしょうか?」であろうと、「私の仕事はどうなるのでしょうか?」であろうと、星やらタロットを読む前に、私としては聞いてみたくなってしまうのだ?

 「で、あなたはどうしたい、どうなりたいと思っているんですか?」

 お神籤を引いたら「大吉」と書いてあったから、何もしないで待っていれば幸運が訪れると思っているような人には占術は必要ではないしむしろ害になる。なんにもしないで幸福になれると思ったらなんの努力もしなくなる。そして地獄を見た挙げ句に、お神籤や占いが当たらなかったと愚痴をこぼす、それが関の山。

 何となく未来を占って欲しい……そういう人には多分、目的意識もないし志がない。何となくお金や退屈な友達付き合いや家族には恵まれていて不満もなければ向上心もない。だから何となく未来を占って欲しいなどと言う戯けた事が言えてしまうのだ。

 しかしながら、タロットを広げるというのは既に魔術的な行為であり、一つの術式である。であるが故に私はそれらをワークと呼ぶ。アストラルレベルでサイキックなフォースとコンタクトする事だから、不安も不満もない事を占って悪いカードが出たりすれば、それはそれまで無かった悪運をわざわざ呼び寄せる事になる。

 これはそんなにオカルティックな話ではない。切実でもないのに占いをやって貰って、悪いカードが出たら、不安になったり嫌な気分になるだろう。何かについて悪い気分になると言う事が既に悪運を呼び寄せたと言う事なのだ。お分かりか?

 目的意識があれば悪いカードが出たって恐れる事はないのだ。意志によって立ち向かう事が出来るからである。

 つまり、「私の恋はどうなるでしょうか?」などと言う事を占ったって仕方ないのだ。そんな物は星やらタロットやらジェオマンシーをするまでもなく、「あなたが何もしなければ何も起こりません」とお答えする他はないのである。タロッティストに答えられる質問というのは、その恋をどうしたいと思っているかについて、そうなるためには何が出来るかとか、何を見落としているかというヒントをあげるぐらいの物である。

 物事を変えたければ行動しなければならず、行動するには意志を発動させねばならない。そしてダイアン・フォーチュンが言った如くに、魔術は意志を変化させる技である。

 そういう訳で、「黙って坐ればピタリと当たる」占いなんて物は誰にとっても必要ではない。魔導師でありタロッティストである私の告げられる事とは「黙って坐っているだけでは何も起こりません」という事である。カードに則って、或いはホロスコープに則って、どのように意志や現象を変えるか、何かを見落としていないかについてご助言を与えるだけだ。

 病気や健康が気になるなら、占い師のところではなくて医者や病院へ行きなさい。ダービーでどの馬が勝つかを知りたければ、占い師のところではなく自分でデータを調べるか予想屋に聞きなさい。そも、競馬については、調教師もジョッキーも勝つために意志を発動させて行動に移っている。これを魔導師としては強いサイキックパワーが働いていると見なすから、黙って馬券を買うだけぐらいの意志の力で未来を揺り動かすなんて事は出来ないのだとご忠告する。片想いのあの人が自分をどう思っているか知りたければ占い師のところへではなく、その人に正直な自分の気持ちを告白しなさい。愛の言葉は呪文である。適切な魔術が行使されればその恋は成就するであろう。

 さて、占いは必要か?

 多分、必要なのは、自分で物事を決められない人と、決めているけれど不安があって、その決意のために星やタロットというツールが必要だという人には多分有効であろうと私も思う。そして言うのだ……

「意志せよ。行動せよ。汝の欲するところを為せ」

 そういう訳で、その為に駆使するタロットやホロスコープのワークは未来予知としての占いとは似て非なる物だ。あなたの未来はこうなりますというのが占いなら、 現代の占術は別のベクトルへと向かっている。未来がこうなると告げるのではない。未来を切り開けと告げるのである。

 さて、あなたには占いが必要ですか?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
占いは必要か? 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる