紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔導師紅王再臨

<<   作成日時 : 2010/03/10 11:53   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 オカルトに関わる事というのは極めて個人的であり、尚かつ本来は公にはしない事だ。なんで今更「私は魔法使いです」などと言わなきゃならないかと言えば、それはタロッティストとしてのワークを半ば公の物とするようになるためで、つまりはタロット・リーディングという物が、「黙ってすわればピタリと当たる!」というような通俗的な占いとは区別をして貰わなければ困るからだ。

画像


 某SNSで、タロット・リーダーとして公活動を始める前に、トレーニングをかねてタロットとホロスコープの鑑定を無料でやると書き込んだら、ホロスコープの鑑定をしてくれと言う依頼が相次いできた。断っておくが私は占星術師ではない。私のワークの中心はタロットであるから、私はタロッティストである。

 また同時に、カートマンシャン……所謂カード占い師でもないと思っている。ただ、便宜的に占い師だと名乗らなきゃならないという事情はあるので、「占って下さい」と言われれば断りはしない。ただ、やはり、私のワークは厳密には未来予知としての占いとは別の物だ。

 ネットを媒介した鑑定依頼が、タロットよりもホロスコープに傾くのはある意味仕方がない。ゲストに対するタロット・リーディングというのは本来対面式で行う物だし、そうしなければ奥深いところまでは見えてこない。そういう事は、依頼してくる側の方々も何となく分かっているだろうから、出生データを告げてホロスコープの鑑定書を書いて下さいという方が落ち着くのだろう。

 さてさて、とはいうものの、私は占星術師ではないのである。私はタロッティストである。なんで占星学の知識を持っていたりするかというと、リーディングやメディテーション、リチュアルなどに実用的なモダン・タロットというのは、基本的に魔術的カバラによって体系づけられた秘教体系によって作られていて、占星学や数秘学と関連づけられて作られている。であるが故に、タロットを使いこなすには占星学の知識が必要になるのである。

 私がパブリックなワークに占星学を併用するのには他にも訳がある。過去にタロット・リーディングをした際に、そのリーディングの中身について時期を訊ねられるケースがしばしばあると言う事だ。勿論、タロッティストの中には、例えば小アルカナの数値から時期を割り出すという方法を編み出した方々はいる。だがそれは普遍的な事でもないし、タロットを持っている人なら分かる事だが、カードから何月何日に何があると分かるという物でもない。

 占星学は日々刻々と動いていく天体の動きからマクロ・コスモスの流れを読む物だ。従って、フォースの流れの時期を読むのには星を読むのが適しているし、ゲストの特定の質問に対して時期を特定するのには、ゲストの出生データを元にしたホロスコープを書かなければそれも出来ない。なのでアストロロジーのワークをタロット・リーディングと併用することにしたわけだ。

 とはいえ、やっぱり私は占星術師ではない。生粋のアストロロジャーにとって星の動きとはある意味絶対的な物だ。しかしながら、私はマクロ・コスモスの流れはミクロ・コスモスであるところの人の意志によってどうにでもなるし出来なきゃしようがないとも思っている。

魔術とは意志に従って変化を起こす科学であり業である              
                             アレイスター・クロウリー

魔術とは思うままに意識の変化を引き起こす技術である              
                             ダイアン・フォーチュン


 つまりは魔法使いは意志によって物事を変えようとする人達の事である。そして意志を変えるために行使するのが魔法である。いわゆる占いによって告げられた未来の吉凶に対して手をこまねく事はしない。なので私は未来予知としての占いをする人ではないのである。つまりはホロスコープやタロットのリーディングとは、意志によって物事を突き動かすためのとば口にすぎない。タロットやホロスコープはその為のツールである。

 そして近々、吉祥寺を拠点にタロッティストとしての活動を公にする事になった。これからは不特定多数に対してタロットやホロスコープのリーディングをする事になるが、私は断定的に「今年の貴方の運勢はこうなります」というような事を言いたくはない。貴方の意志によって未来という物は変わる物だよと言う事が前提に無ければ、そも、占いなんてやったって意味がない。決まっている未来なら知ったってどうにもしようがないし手も足も出ない。つまりは占いが当たるとか当たらないと言う事は意味をなさない。

 と云う訳で、「私は魔法使いです」とお断りをしなくちゃならない必要性を感じたので、なんで今更というように魔導師紅王の再臨を宣言しなければならなくなったのである。さて、何処に行けば私のタロット・カウンセリングを受けられるのかは下記参照。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kurenai-/shkou-top.html

 と言う事で、前回のプログから今日までは、殆どタロットや占星学を含むオカルト体系のおさらいに費やしていたので、このプログの更新もしなかった。オカルトの勉強の中身など書いたって仕方がないし書くべき物でもない訳だが、タロッティストとしての自分はこうしていきますよと言うような話は、今後もちょくちょく書き込む事にする。

 未来は揺れ動く。揺れ動く未来をある流れに変えて行くのは意志の力である。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔導師紅王再臨 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる