紅王の宮殿・野中友博公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『我が名はレギオン』稽古場日記-22

<<   作成日時 : 2009/11/04 02:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 普通は稽古場日記なんてもんは、
「今日は素晴らしい進展があった! よし、ますます芝居が面白くなるぞ!」
みたいな肯定的な事ばかり書いた方がプロモートとしては良いのだろうが、あたしはそういう媚びや諂いや嘘や虚飾は大嫌いなのだ。だから今の稽古場に対するストレスがあれば、それは隠さずに書く。それが誠実であると信じるし、誠実さこそ表現者の全てだ。何しろ、今、演劇界では流行のアフター・トークとかいうやつを聞くと、大概の場合反吐が出るというか、芝居の印象すら台無しにしてしまう自画自賛ばかりで嫌になる。そんなのの真似事はまっぴらごめんだ。

 今日は兎に角、プロローグとエピローグを除く場面のミザンスを何とかつけ終えた。これでどの場面だろうと俳優達は自主稽古ができるはずだ。
「野中さん、××場をやり直してみたので見てくれませんか?」
ぐらいの事は言って貰いたい。だって、こんなにミザンスをつけるのに時間がかかったなんてあたしの経験としては遅すぎるぐらいだ。稽古初日から二十日も経って未だに台本も手放せないだと……? 馬鹿も休み休み言え!

 座組に対して私の持っている危機感は、本気度ともいうようなモチベーションの温度差がある事だ。本気の人間がやる事は何だって説得力がある。正しいか正しくないかは別だ。それは私が作・演出家として判断する事だ。そんな事はどうでも良い。肝要なのは、何処まで全力を惜しみなく尽くしているかという事なのだ。こんな基本的な事が共有できなければ、決まり切ったメンバーの仲良しごっこ的なオナニー芝居で終わっちゃうだろ? そんな事はまっぴらごめんだ。

 我々のやっている事は、実はとてつもない事なのだ。その事をいい加減に自覚して貰いたい。命をかけるとはどういうことか? 命をかける価値のある事を我々はやっているのではないのか? その事をもういちどみんなで考えようではないか? 私? とっくに命をかけている。それだけは断言しておく。

『我が名はレギオン』の公演詳細はこちら↓

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kurenai-/legion.html

予約フォームはこちら↓「扱い者」には「野中友博(紅王)」を選んでね♪

https://ssl.form-mailer.jp/fms/4281a82d65759

インターネットラジオ、「風ラジヲ スペシャルch.」、「pekoと食器棚となだのきとめりだした絵の具」第37回(11/6より配信開始)と第38回(11/7より配信開始)に紅王、野中友博がゲスト出演、『我が名はレギオン』と演劇について語っています。こちらもお聞き下さい。

http://kazeradio.seesaa.net/

では、皆さん、お待ちしてます♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『我が名はレギオン』稽古場日記-22 紅王の宮殿・野中友博公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる